東京スター銀行での借り換えは預金連動が魅力です

 

東京スター銀行での住宅ローンの借り換えは、預金連動が適用される住宅ローンであるところが一番の魅力です。
この預金連動が、他の銀行の住宅ローンに比べて、金利面でとても有利な状況をつくりだしています。
東京スター銀行では、同行の所定の所定の口座に預貯金をした場合、繰り上げ返済をしたのと同じ効果を持たせることができる預貯金連動型の住宅ローンを選択することができます。
この住宅ローンに借り換えると、3000万円返済額が残っていたときに500万円所定の口座に預金をした場合、500万円返済されたものとして金利を計算してもらえるのです。
このケースでは、3000万円から500万円を引いた2500万円が、ローンの残りの返済額になるのです。
預金をするだけでローンを返済したことになるなんて、他の銀行の場合はとても考えられませんね。
がんばって預金を続ければ、それだけでどんどんローンの返済額が減らせるのはとても魅力的です。
この銀行の預貯金連動型の住宅ローンにおいて、預金連動の対象となる所定の口座の種類が普通の円の預金口座だけでないところも、また魅力です。
外貨普通預金、外国為替レート参照型オフセット定期預金を預金連動の対象の口座に指定すると、住宅ローンの返済額を減らせるだけではなく、預金の金利も増やすことが可能になり、賢い資産運用ができます。
預貯金連動型の住宅ローンでは、毎日金利を計算していますので、預金が少ないときも、増えたときも一円も無駄になることはないそうです。
保証料をが0円ですむのも、この住宅ローンの魅力です。
住宅ローンを、保証料が必要な他行のローンからこの住宅ローンに借り換えた場合は、従来のローンの保証料が返ってくることすらあるそうです。
さらに、この銀行の預貯金連動型の住宅ローンには、インターネットでローンに申し込むと、借り換えの金利が1%OFFになるというメリットもあります。
インターネットでローンを申し込むだけで、優遇金利の対象になるのはうれしいですね。
この銀行の住宅ローンの他のメリットには、メンテナンスパックを選ぶと繰り上げ返済や固定金利の選択といったローンのメンテナンスが手数料0円で行えるというものがあります。
選んだメンテナンスパックの種類によっては、万が一病気やけがで入院した場合、入院費用保険金10万円が支払われることです。
もちろん、この入院費用は日帰り入院も対象になります。
さらに、入院期間がローンの返済日を含む場合は、当月の返済額相当額も支払ってもらえるそうです。

●●●●●●●●●●●●

住宅ローン借り換えが一番お得にできる銀行の金利比較シュミレーション!諸費用がお得な銀行を見つけるためにシュミレーションは必須です!
こちら
www.housingsimulation.com/