東京スター銀行のスターワンに借り換えよう

 

誰もが夢描くマイホーム。
でも住宅を購入すると先々ずっしりとのしかかってくるのが住宅ローンの金利です。
元々の借り入れ額が何千万円にもなるので、できることなら、たとえ0.01%でも低い金利の低いところから借り入れしたいものです。
十数年も続く低金利時代なのに、公的金融公庫でさえも、借り入れ金利のメリットが感じられない世の中。
でもマンションや建売住宅によっては、公庫や金融機関が指定されている場合もあるので選択肢も与えられないことも度々あります。
だからといって繰り上げ返済をしようと努力しても、手数料もばかになりません。
将来、多少余裕ができたからといって、返済額の変更をしても手数料がかかります。
借り換えといっても審査や手続き、保証料金も新規に取られてしまい、さらには保険にも入りなおさなければならず、元々の借入先に最後の全額返済をするときですら、手数料がかかってしまいます。
だからよほどの金利差がないと借り換えもままなりません。
でも、たとえ住宅ローンを組んでいる人でも、多少なりとも預金はせざる得ないものです。
殆どの方が、借入先などに多少の定期預金や引き落としのための総合口座などは開設しているのではないでしょうか。
だったら東京スター銀行の「預金連動型スターワン住宅ローン」に乗り換えるのがベストな選択です。
他の金融機関からの借り換えの場合、返済終了まで、変動の基準金利から1%も低い金利が適応されます。
さらには、東京スター銀行の普通口座(総合口座)の普通預金の残高額と同じ額の借り入れ高は、金利0%になります。
それに繰り上げ返済での手数料も徴収されません。
現在、普通預金の預け入れ金利は年0,0%台。
定期預金も年0.0%台。
差額も0.0%台。
これは、たとえ1000万円の預金があったとしても預け入れ利息差額は年間で数千円しか変わりません。
100万円なら何百円の差。
だからゆとりがあるときには普通預金の残高を増やせば、その分の借り入れ金利も0%になるので、繰り上げ返済以上の効果があります。
たとえば、100万円の普通預金残高なら、単純に年間で1万円以上の借り入れ金利を払わなくて済む計算。
余裕がなくなれば普通預金を使えばいい話。
普通預金だからいつでもおろせます。
また、スターワンの場合、借り入れ時の保証料金も不要なので、借り換え時の手数料などの費用も少なくて済みます。
またいつか金利が上がるのではというのも夢の話。
現在の世界情勢からしても、金利が上がるのは、かなり先になりそうなのは誰でも読めることです。
だからこそ、一日も早く借り替えたいのが預金連動型スターワン住宅ローンです。