住宅ローンの金利負担減らしは東京スター銀行で

 

ここ十年以上も低金利時代が続く中、殆どの人が住宅ローンで利用している変動金利。
今では殆どの銀行で、住宅金融公庫よりも低い金利で借り入れることが出来ます。
ここ最近は、変動相場制のリスクから公的機関を選択するという人も、金利が上がる気配どころか、ますます下がる情勢に、かなり減少しました。
ローンを組んで、後に後悔するのが、返済額の設定です。
設定があまりにゆるく長くしてしまうと、借入残高が減ったなっと感じるのは、十数年返済し続けたあたり。
つまりはその間の返済のほとんどは利息が占めていることになります。
一番よいのは繰り上げ返済というのは常識ですが、この繰上げ返済にも手数料がかかります。
その額は一回当たりで、家族4人でが一泊旅行できそうな額です。
あるいは昇給などで収入が増えたからといって、返済額の増額変更をしても手数料がかかります。
最近はど銀行でも、たとえば、もしもゆとりがなくなったときなどは、返済額の減額にも応じてくれるようですが、ここにも手数料がかかってしまいます。
もっと有利な条件、もっと低い金利の金融機関への借り換えも検討のひとつ。
でも借り換え時には元々の借り入れ先にも、新たな借り入れ先にも、手数料や保証料が発生してしまいます。
場合によっては、保険も新たに強制的に入らされる場合があります。
返済期間全額掛け捨てなので、元々の借り入れ元経由で払った保険料はもう返ってきません。
それに各金融機関の金利差といっても変動金利の場合、小数点以下のパーセントの差しかありません。
だから、借り換え時に選びたいのが、東京スター銀行の預金連動型スターワン住宅ローンです。
普通預金の残高と同額の借り入れ額が、借り入れ金利0%になるというもの。
月々の引き落としなど、誰でも普通預金にはたとえ1円でも残高があるものです。
つまりはたとえ1円でも借り入れ残高を無駄にしない普通預金といえるでしょう。
普通預金の残高は、引き落とせば、日々変わるもの。
その変動を日歩計算で差し引いてくれます。
これなら、手数料のかかる繰り上げ返済をする必要もありません。
でも東京スター銀行の場合、繰上げ返済の手数料も徴収しません。
さらには、ほかの金融機関からの借り換えで、変動金利の基準から1%、金利を低く設定してくれます。
しかも全額返済終了まで、その1%の差が適応されます。
これにより借り替え時に元々の借入先も支払う全額返済時の手数料は軽く相殺されるだけでなく、月々の返済額の減額や返済期間の短縮にも役立てます。
また借り入れ時の保証料も不要です。
借り入れ返済の残高が少なければ少ないほど、気持ちにゆとりができるというもの。
出来る限り、借り入れ利息総額を下げ、利息以外の出費も抑えて返済を官僚したいものです。

**** 関連リンク紹介 ****

あなたの借り換えを必ず成功させたいならまずなにをすべきか?新生銀行住宅ローン借り換えの審査の対策法伝授!
www.houseloankarikaesinsa.com/新生銀行住宅ローン借り換え審査対策!審査甘い?【年収基準は?】